pen-631321_1280

遺言書の種類を比較~どれを選べばいい?

一般的には遺言書は3種類

  • 公正証書遺言
  • 自筆証書遺言
  • 秘密証書遺言

⇒結論からいうと、「公正証書遺言」を残すべきです。

“タンスに走り書きの便箋が入っていた”、“手帳やノートにメモ書きがあった”、“ビデオや録音が残っていた”、“メールが送られていた”などは、遺言書としては基本的に認められません(形式不備で無効になりやすい)。

それぞれ、どうやって作るのか?

公正証書遺言

公証人役場にて、2人の証人と共に、遺言内容を公証人に申し伝え、公証人がそれに基づいて遺言書を作成する。

自筆証書遺言

自筆で遺言書を書き、日付・氏名を記入の上、押印をする。

秘密証書遺言

自筆で遺言書を書き、2人の証人と共に、遺言書が存在することのみを公証人に証明をしてもらう。

特徴やメリットやデメリットは?

公正証書遺言

自筆証書遺言

秘密証書遺言

おすすめレベル×
費用△高い
(公証役場手数料+証人依頼代)
ほぼ無料△高い
(公証役場手数料+証人依頼代)
証人
2人必要

不要

2人必要
手軽さ△むずかしい○かんたん△むずかしい
効力強力×
形式不備で無効になりやすい

形式不備で無効の可能性がある
秘密性
2人の証人と公証人には内容が知られる。

自分の自由に書ける

自分の自由に書ける
保管の安全性
公証役場に原本が保存される
×
紛失の恐れが高い
×
紛失の恐れが高い
保管場所・人原本は公証役場。
正本と写しは本人、推定相続人、受遺者、遺言執行者など。
本人、推定相続人、受遺者、遺言執行者、友人知人など。本人、推定相続人、受遺者、遺言執行者、友人知人など。
偽造や隠匿
公証役場に保存されるため心配不要
×
恐れが高い
×
恐れが高い
家裁での検認(手間が増える)必要なし×必要あり×必要あり
注意点・費用と手続きはもっとも厳重・自筆自署のみ(代筆やワープロ不可)・代筆やワープロ可

なぜ公正証書遺言が良いのか

公文書として、遺言の内容に強力な効力をもつからです。そのため、残された親族間でのいわゆる「争続」を避けることができます。

費用こそ最もかかりますが、無効になってしまいやすい自筆証書や秘密証書では、そもそも遺言を残す意味がなくなってしまいます。せっかく練りに練って遺言を書いても無駄になってしまうのです。

また、証人には遺言の内容が知られてしまいますが、法によって守秘義務のある税理士や、行政書士など士業の第三者に依頼をすれば基本的には安全です。