pieces-of-the-puzzle

遺留分ってなに?

遺留分とは

相続人に最低限保障されている相続分のことで、遺言書の内容があまりに不公平であったときや、生前贈与によって最低限の保証が受けられない場合に、民法が法定相続人の財産を保障するために設けられた制度です。

例えば、「私が死んだら、長男にすべての財産を託す」というお父様の遺言が残されてしまった場合、妻や次男や長女などはたまったものでありませんよね。誰しもが、いくらかは遺産をもらえるものと考えているのが普通です。

そこで民法では、遺留分という言葉で、最低限相続できる、いわば“取り分”を立場別に定めているのです。裏を返せば、被相続人(亡くなった方)が自由に処分できる枠が決まっているということでもあります。

相続人が誰になるのかによって、その取り分や枠はすこし変わりますが、どの場合も半分は亡くなった被相続人が自由に処分できることとなっています。(下図参照)

遺留分割合

※法定相続人のうち、兄弟には遺留分がありません。

遺留分減殺請求とは

遺言や生前贈与によって、上記の遺留分を侵害された相続人(ようは、あまりにも少額しか遺産をもらえなかった人)が、遺留分を侵害した他の相続人や受遺者に対して、遺留分の減殺を請求をすることができる権利です。

先ほどの例であれば、長女が長男に対して請求をすることができます。

この請求をするときは、内容証明郵便を用いるのが一般的です。また、期限も決められており、遺留分の侵害を知った時から1年以内(消滅時効)、もしくは相続開始のときから10年以内に行使しなければなりません(除斥期間)。