アイキャッチ

相続税の計算の大まかな考え方

おさらいキーワード:そもそも「相続」とは?

平たく言うと、ある方Aさんが亡くなった時、Aさんの持っていた財産を、特定の親族(Bさん、Cさん、Dさん)に引き継ぐことをいいます。この時の亡くなったAさんを「被相続人」、財産を受け取る残された親族BCDさん達を「相続人」と呼びます。

そしてこの財産には、預貯金などのプラスの財産だけでなく、借金などのマイナスの財産も含みます。

なお、誰から誰までが相続人となるかについてはこちらで解説していますので、合わせてご覧ください。

おさらいキーワード:「相続税」とは

相続によって財産を取得した人が納める税金が、相続税です。

その取得した財産が課税の対象となりますが、その財産の価額(相続税評価額)の合計が「遺産の基礎控除額」以下の場合は、相続税はゼロ円となります。よって相続税申告も不要です。

平成27年1月1日に施行された法改正では、この基礎控除額が引き下げられることとなり、相続税申告の必要な方が増加しました。

平成27年以降の「遺産の基礎控除額」は<3000万円+(600万円×法定相続人の数)>となっています。

基礎控除説明1

基礎控除額を超えるとき

基礎控除説明2

基礎控除額以下のとき

課税される財産の価額はどうやって計算する?

相続財産には課税対象のものとそうでないものがあるため、まずはそれを識別する必要があります。

【イ】:課税対象となる財産

1.被相続人が所有していた財産

亡くなった人が所有していた、いわゆる本来の財産です。

例えば、

●土地建物
●有価証券(株式や公社債など)
●預貯金、現金
●その他、骨董品や貴金属、貸付金、特許権など、経済的価値のあるもの(墓所、霊廟、仏壇などは除く)

どれもイメージしやすいものと思われます。

2.みなし相続財産

次のようなものは、亡くなった方が保有していた財産ではありませんが、相続においては財産のひとつとみなして課税対象となります。

●被相続人の死亡にともない、支払わられた“生命保険金”(被相続人が保険料を負担していたもの)
●被相続人の勤務先から支給された“死亡退職金”

ただし、これらの保険金や退職金のうち<500万円×法定相続人の数>までは非課税となります。

3.相続時精算課税を適用した財産

被相続人から生前に贈与を受けいて、そのときに相続時精算課税を適用していた場合、その財産は相続税の課税対象となります。

相続時精算課税については、こちらの『贈与税』の記事をご覧ください。

4.相続開始前3年以内の贈与財産

被相続人から亡くなる前3年以内に受け取った贈与財産は、相続税の課税対象です。

【ロ】:控除できる財産

1.被相続人の債務

借入金や未払金、未納付の税金などが該当します。

2.葬式費用

社会通念上、一般的な範囲であれば控除されます。

しかし、墓地や墓所、墓碑の購入代や、香典返しの費用、法要に要した費用など控除できないものもあります。

相続税の納税額はどうやって計算するのか?

souzoku_zei_keisanv2▼その1

上記【イ】の合計額から、「遺産の基礎控除額」をマイナスします。

それによって、課税遺産の総額を求めることとなります。

▼その2

それぞれの相続人が法定相続分だけ取得したと仮定して、それぞれに税率をかけます。そして合算し、「相続税の総額」を算出します。

実際にどれだけの財産を取得したかは、この段階では関係ありません。

(法定相続分:例えば相続人が、妻1人、子2人のとき。まず妻には財産の2分の1。子は残った2分の1をさらに2人で等分する。よって子は1人につき4分の1の財産を得ることとなる。子がさらに増えても妻は2分の1です。)

▼その3

「相続税の総額」を、実際にどれだけの財産を取得したか、取得した割合に応じて、相続人たちに割り振りあん分します。

▼その4

各々の税額について、各種控除などの計算をおこなって、納付すべき税額を決定します。

<相続税の速算表>
法定相続分に応ずる取得金額税率控除額
1,000万円以下10%
3,000万円以下15%50万円
5,000万円以下20%200万円
1億円以下30%700万円
2億円以下40%1,700万円
3億円以下45%2,700万円
6億円以下50%4,200万円
6億円超55%7,200万円

====================

相続税の計算がどのような流れに沿って行われるか、少しでもご理解いただけたでしょうか。

実際の計算は多くの方が専門家に任せることとは思いますが、どの値が相続のどのあたりに影響してくるのかを知っているだけでも、話はスムーズに進みます。

ご自分やご親族の場合はどうなりそうかを、シミュレーションするのもおすすめです。