calculator-178127_1280

ケース別:準確定申告に必要な資料

準確定申告においてよくあるケースごとに必要な書類をまとめました。

その他、以下のもの以外にも場合に応じて必要になるものはありますので、税理士にお尋ねください。

ダウンロード版PDFはこちら⇒準確定申告のまとめ資料

Noケース資料名内容問い合わせ先
1年金収入があった公的年金等の源泉徴収票年金の支給額及び源泉徴収額の分る書類です。社会保険庁
2給与、退職金を貰った源泉徴収票給与(退職金)の支給額及び源泉徴収額の分かる書類です。支払元の会社
3不動産賃貸等で収入があった収入及び経費の分かる資料一式記帳されている場合は元帳
4医療費が10万円以上かかった・領収書
・交通費のメモ
・高額医療費受取額
その年の1月1日以降のもの。病院、薬局等
5社会保険料、小規模企業共済を支払った控除証明書等の支払金額の分かる書類国民健康保険、国民年金、介護保険、国民年金基金等社会保険庁等
6不動産を譲渡した収入及び経費の分かる資料一式売買契約書、領収書等不動産業者等
7生命保険、地震保険を支払った控除証明書保険会社が発行する控除証明書保険会社
8株を売った特定口座年間取引報告書証券会社
9配当を受け取った(上場・非上場)受取額の分かる書類上場株は所得330万以下で申告した方が有利。配当支払元の会社
10過去の確定申告書前年度以前、過去3年分のご用意をお願い致します。
11その他その他に収入があった場合、政党等に寄付をした場合、住宅ローン控除を受ける場合、マイホームを売却した場合等は別途資料が必要になります。