書面添付制度とは…

申告の際に、税理士が作成した書面を、追加資料のようなかたちで提出できる制度のことです。書面添付制度の採用により、適正な申告書を作成し、税務署が確認したいであろう内容(業績の顕著な変化やその理由等)も適切に説明しておくことで、税務調査に入る可能性が低くなります。

また、税務調査の前に税理士から意見を述べる機会(意見聴取)が与えられます。これによって「税務調査が省略される」ことがあります。相続人の皆様の負担を考えれば、税務調査が省略されるメリットは大きいでしょう。

島津会計税理士法人では、意見聴取によって税務調査が省略になった事例が数多くあります。しかし、この制度は、その資料の作成に事務的な負担がかかり、万が一虚偽の記載があった場合には、重い処罰を受けることとなるため、導入している会計事務所はごく少数しかないのが現状です。島津会計税理士法人では、書面添付のメリットを最大限に拡げ、税務調査ゼロを目指しています。