our02

きちんと申告、しっかり節税

特例の適用で納税ゼロ円へ

小規模宅地の特例や様々な控除をフル活用し、可能な限り節税の提案をいたします。
不動産や株式評価も得意です。

書面添付で安全申告

当相談室では書面添付制度を積極的に利用しています。

書面添付とは、相続税の申告と一緒に、税理士のお墨付きを添えるような制度です。これにより、結果的に税務調査が行われる可能性を、ぐっと減らすことができます。(可能性がまったくゼロになるわけではありません。)

書面添付制度を利用されるかどうかは、最終的にお客様にご判断をいただくこととなりますが、当相談室は書面添付制度を利用した相続税申告の実績も豊富ですので、ご不明な点があればお気軽にお尋ねください。

書面添付制度とは…

申告の際に、税理士が作成した書面を、追加資料のようなかたちで提出できる制度のことです。書面添付制度の採用により、適正な申告書を作成し、税務署が確認したいであろう内容(業績の顕著な変化やその理由等)も適切に説明しておくことで、税務調査に入る可能性が低くなります。

また、税務調査の前に税理士から意見を述べる機会(意見聴取)が与えられます。これによって「税務調査が省略される」ことがあります。相続人の皆様の負担を考えれば、税務調査が省略されるメリットは大きいでしょう。

島津会計税理士法人では、意見聴取によって税務調査が省略になった事例が数多くあります。しかし、この制度は、その資料の作成に事務的な負担がかかり、万が一虚偽の記載があった場合には、重い処罰を受けることとなるため、導入している会計事務所はごく少数しかないのが現状です。島津会計税理士法人では、書面添付のメリットを最大限に拡げ、税務調査ゼロを目指しています。

最短1ヶ月のスピード対応可

「相続税の申告が必要なことを知らなかった!」
「期限が間近でどうしたらよいかわからない!」

というお客様には、最短1ヶ月で相続税申告サービスを承ります。

相続税申告は、お亡くなりになられてから10ヶ月が期限です。長いようであっという間ですので、早め早めにご相談や作業に取りかかることを、おすすめします。